「県政仕分け」とは?

埼玉県や各自治体では財源不足の中で、県の事業と市の事業については重複する部分も多々あり、限りある財源を有効活用する上でも、県と市のどちらが主体的役割を果たすのか等役割分担をきちんと仕分けることが重要であります。

また、地方議会の場合、国の議員内閣制とは違い、2元代表制のため議会には予算執行権がありません。地方自治体議員は議会を通じて行政が編成した予算や議案に対しチェック(議決権)機能としての役割があります。

市・県民の代表者である議員は住民の福祉増進に努めなければならず、これらの実現のためには提言した政策を今後議会で立案することが責務であります。

情報発信